何のために仕事をしてるのかわからなくなって

私が会社を辞めたいと思った理由は、自分が何のために今の仕事をやっているのかわからなくなったからです。
総合職で入社し、同期のほとんどは営業に配属されましたが、自分は事務に配属されました。
事務では、誰にでもできるような簡易的な確認作業や、形式的なルーティンワークが一日のほとんどを占めていたため、これといったやりがいもなく、日々の業務に追われていました。
そして、自分の仕事がいったい何の役に立っているのかという部分も見えにくかったです。憧れる先輩もなく、このまま今の仕事を続けていても、自分の将来の何の役にも立たないのではないかという思いでいっぱいになりました。
そして、抑うつ状態と診断されるまでに自分を追い込んでしまいました。
美容関係の接客、営業をしていました。
美容が好きだったので内容は楽しかったのですが、商品やコースを販売している以上売り上げを気にしなければなりません。
なのでどのお客様に対しても決まり文句のように商品やコースを進めなければならないことに慣れず、抵抗がありました。
どうしても無理矢理売りつけているような感覚が抜けず、押し売りしているような気持ちになってしまいました。
決めるのはお客様なので断られるのはいいのですが、そのあと上司に報告をするたびに嫌な顔をされたり責められたりするのが嫌で辞めたいと思うようになりました。
すぐに辞めてしまう人が多く人手不足のような状況だったので、辞めたいけどすぐに辞めたいと言えるような環境ではなかったのが辛かったです。
会社 馬鹿しかいない