居酒屋はとても過ごしやすい

そしてある日彼は娘に店の裏でお話できませんかと声をかけられたわけもわからず店の裏に向かった彼は娘の口からその
行為を伝えられ驚いたどうして自分なのかぐいっと娘の顔が彼に近づく娘は彼のことをじっと見つめながら言った匂いです心地よい匂いの人は少ないんです行ってから顔を赤らめる娘それを見てもまだ彼は信じられないような顔をしてい
たどうやら彼は知覚としての嗅覚だけではなくあらゆることに鼻がきかないようであるそっくり徳利居酒屋である会社の忘年
会が開かれていた会話は盛り上がり皆ブレイクを楽しんでいたとそこに居酒屋の店主が面白いものがあるんですとあるものを持ってきたそれはそっくりであったこれで注がれたお酒を飲むと注いだ人と姿がそっくりになるんですよテンションがそう言って徳利を置いていった