物を複製できる発明

物質記憶薬 F 博士の研究室よしこれで完成じゃ。
はかせ今度は何の発明ですか君にはこれが発明品に見えるのかね。
いいえただのハンバーグに見えます。
そうじゃろうどーも君はわしが完成者というと必ず何かを発明したと思うよじゃあな一種の職業病ですかね母すまんすまん本当はこれもわしの発明品じゃえどこから見てもハンバーグですが。
これ自体は本物のハンバーグなのじゃがそういうと F 博士はナイフでハンバーグを二つに切り分けた。
食べるんですねまてまて早まるでないしばらくすると半分のハンバーグがそれぞれ一つのハンバーグにみるみる形を変えたわこれはすごい二つになったこれならどんどん数を増やせますよね。
このハンバーグにふりかけた薬品が元の形を記憶し全く同じ物質で再形成するのじゃ言うならば物質で記憶訳ですねその通りではいただきます。ただし、イングリッシュベルの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、どうぞ召し上がれ家この薬品をいただくのです。