近は特に不織布マスクでによる肌荒れのケアが気になっています

毎年この時期は寒いのでマスクをしていることが多いです。
さらにサングラスで寒風避けをしているので、外出時の肌荒れ防止にはなっていると思います。
ですが、昨年は夏でもマスクをして外出しなければならず、その影響で肌荒れが起こりやすくなってしまいました。
特に不織布マスクは肌荒れが起こりやすいので、就寝時はガーゼのマスクを着用しています。
昨年、アベノマスクが送られて来て、それも使用していますが重宝しています。
私はもともとこのガーゼマスクの方が気に入っているので、できればずっとこれを使っていきたいです。
ですが、衛生面を考えると、やはり不織布の方が良いでしょうし、ガーゼマスクの夏の使用は熱くなってしまいます。
今年の夏もとうきのしずくをしなければ行けないのか分かりませんが、できるだけ肌荒れが起こらないように対策をしていきたいです。
最近は特にマスクの四隅の辺りの肌荒れが起こりやすくなっています。
マスクだけが原因ではないと思いますが、肌荒れの上に不織布マスクを付けることで、症状が悪化しているのかもしれません。
また、下あごの荒れもマスクによる影響が大きいと感じています。
なので、例年よりもこの部分のスキンケアをこまめに行うようにしています。